経歴

  • 昭28年8月24日 大阪生まれ
  • 昭47 大阪府立天王寺高校卒、京都大学工学部情報工学科入学
  • 昭51 京都大学卒、大学院工学研究科修士課程情報工学専攻入学
  • 昭53 京都大学大学院修士課程修了、NTT入社(研究所勤務)
  • 平3.3 京都大学工学博士(論工博 第2541号)
  • 平5.8-6.8 カーネギーメロン大学ロボティクス研究所客員研究員
  • 平8.6 NTTを退職
  • 平8.7- 岡山大学教授(現在、自然科学研究科 計算機科学講座 所属、工学部情報系学科兼務)
  • 最近の主な学会活動

    1. 09.3-09.10 Program committee member, ICCV2009
    2. 08.3-09.08 Program committee member, MVA2009
    3. 04.1-08.12 Editorial board, International Journal of Computer Vision
    4. 02.5-06.5 Editotial board, IEICE Trans. Inf. & Syst., vol.ED
    5. 05.8-06.1 Area chair, ACCV2006
    6. 05.1-05.8 Area chair, MIRU2005
    7. 01.-02.8 Program chair, MIRU2002

    従来の主な学会活動

    1. 86.6- 情報処理学会論文査読委員
    2. 87.4-91.3 情報処理学会コンピュータビジョン研究会連絡委員
    3. 89.5- 電子情報通信学会研究グループ論文委員会査読委員
    4. 91.4-93.3 情報処理学会コンピュータビジョン研究会幹事
    5. 92-93 電子情報通信学会「マシンビジョンの応用」英文論文小特集編集委員会幹事
    6. 95.5-97.4 電子情報通信学会学会誌編集委員会委員(WG-A)
    7. 00.5-04.3 電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究専門委員会委員
    8. 01.-02.8 MIRU2002プログラム委員長
    9. 04.1-08.12 Editorial board, International Journal of Computer Vision
    10. 02.5-06.5 Editotial board, IEICE Trans. Inf. & Syst., vol.ED
    11. 02.4-03.4 情報処理学会CVIM論文誌MIRU2002優秀論文特集号臨時編集委員会 委員長
    12. 電子情報通信学会特集号編集委員 (91-92 英文論文誌「CVとその応用」特集号,92-93「CV&CG」特集号, 94-95「マシンビジョンの応用」英文論文小特集,96-97「画像の認識・理解」 特集号,99-00「マシンビジョンの応用」英文論文小特集, 00-01「システム開発論文」特集号, 01-02「マシンビジョンの応用」英文論文小特集), 03-04「マシンビジョンの応用」英文論文小特集),06-07「マシンビジョンの応用」英文論文小特集),09-10「マシンビジョンの応用」英文論文小特集)
    13. 国際会議等プログラム委員: ICCV(Int'l Conf. on Computer Vision)90,93,95,99,03,05,09/ MVA(IAPR workshop on Machine Vision Applications)92,94,96,98,2000,02,05,07,09/ ACCV(Asian Conf. on Computer Vision)93,2006(area chair)/ IROS(IEEE/RSJ conf. on Intelligent RObots and Systems)93/ FG(Int'l conf. on automatic Face and Gesture recognition)2000/ ICPR(Int'l Conf. on Pattern Recognition)02,04/

    参加した主な研究プロジェクト

    1. 2018.4-2021.3 科学研究費補助金, 基盤研究(C)(一般)
    2. 課題番号 18K11356, 共分散行列に基づくパターン認識の理論化と顔追跡・認識融合系への適用 (研究代表者:尺長 健)

    3. 2008.4-2012.3 科学研究費補助金, 基盤研究(B)
    4. 課題番号 20300067, 追跡・認識融合型コンピュータビジョン (研究代表者:尺長 健)

    5. 2003-2007.3 科学研究費補助金, 基盤研究(B)(2)
    6. 課題番号 15300062, 部分空間法のロバスト化によるコンピュータビジョンの機能高度化 (研究代表者:尺長 健)

    7. 2000-2005.3 科学技術振興事業団, 戦略的基礎研究推進事業
    8. 研究領域「高度メディア社会の生活情報技術」 研究課題「文化遺産の高度メディアコンテンツ化のための自動化手法」 (研究代表者:池内 克史 東大大学院 教授)

    9. 1998-2001.3 科学研究費補助金, 基盤研究(B)(2)
    10. 課題番号 10480074, 注視点シフトのモデル化とこれに基づく適応型視覚の実現(研究代表者:尺長 健)

    11. 1996-2001.3 日本学術振興会未来開拓学術研究推進事業
    12. 分散協調視覚による動的3次元状況理解(JSPS-RFTF 96P00501) (研究代表者:松山 隆司 京大大学院 教授) にサテライトメンバーとして参加

    学会受賞

    1. 電子情報通信学会フェロー称号
    2. 尺長 健, 2018.03.22

      受賞理由:固有空間を用いた顔画像処理に関する研究

    3. 電子情報通信学会ISS査読功労賞
    4. 尺長 健, 2013.06.12

      受賞理由:論文誌査読委員としての貢献

    5. Outstanding Student Paper Award
    6. Yuki Oka, Takeshi Shakunaga, 2011.3.23

      Sparse Eigentracker Augmented by Associative Mapping to 3d Shape

      IEEE Conference on Automatic Face and Gesture Recognition (FG2011).

    7. 電子情報通信学会ISS活動功労賞
    8. 尺長 健, 2007.11.29

      受賞理由:ISS英文論文誌編集委員としての貢献

    9. 情報処理学会平成18年度山下記念研究賞
    10. 尺長 健, 2007.3.6

      疎テンプレートコンデンセーション法による見え情報の学習を伴う実時間物体追跡

      (コンピュータビジョンとイメージメディア研究会 2006-CVIM-153-46, 2006.3.17)

    11. MIRU2000優秀ビデオ賞
    12. 西山正志,向川康博,尺長 健, 2000.7.19

      3次元形状への光学パターン投影による仮想照明環境の実現

      画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2000)論文集, vol. I, pp. 451-456, 2000.7.

    主指導教員を務めた学位取得者

    1. 加藤丈和君(2001)
    2. 論文題目:階層的分散協調による人物行動理解のための効果的な顔画像登録

    3. 佐竹純二君(2003)
    4. 論文題目:階層的注視制御モデルによる動画像処理

    5. 坂上文彦君(2006)
    6. 論文題目:Homogeneous Eigenspaces for Object Recognition by Computer Vision

    7. 中岸久佳君(2016)
    8. 論文題目:拡張固有空間による実時間顔追跡・認識融合系の高性能化

    研究室在籍時の受賞者

    1. 仁科顕彰会仁科賞
    2. 西山正志君(2001)

    3. 岡山大学黒正賞(学部)
    4. 上山英之君(2000)

    5. 優秀学生賞(修士)
    6. 坂上文彦君(2003),加門優治君(2005),小林 誠君(2006)

    7. 優秀学生賞(学部)
    8. 加門優治君(2003),野口清志君(2004)