ジャーナル論文(1984-2017)

  • 尺長健,渡邊剛平,中岸久佳,福田剛士 ``並列不足決定系加重方程式の動的構成による大規模顔認識,'' 電子情報通信学会論文誌(D), vol.J100-D, no.8, pp.724-732, 2017.08.
  • 中岸久佳,尺長健 ``階層的加重方程式による顔追跡・認識融合系の大規模化,'' 電子情報通信学会論文誌(D), vol.J99-D, no.8, pp.718-726, 2016.08.
  • 中岸久佳,岡裕希,尺長健 ``並列不足決定系による顔追跡・認識融合系の大規模化,'' 電子情報通信学会論文誌(D), vol.J97-D, no.12, pp.1821-1830, 2014.12.
  • Yuki Oka, Takeshi Shakunaga ``Real-time Face Tracking and Recognition by Sparse Eigentracker Augmented by Associative Mapping to 3D Shape,'' in special issue on ``Best of Face and Gesture 2011'', Image and Vision Computing, Elsevier, vol.30, issue 3, pp.147-158, 2012.3.
  • 田口智之,野口清志,尺長健 ``適応型疎テンプレート追跡,'' 電子情報通信学会論文誌(D), vol.J93-D, no.8, pp.1502-1511, 2010.8.
  • 坂上文彦,尺長健 ``並列部分射影による顔画像認識とDecomposed Eigenface法への適用,'' 電子情報通信学会論文誌(D), vol.J92-D, no.5, pp.1349-1358, 2008.5.
  • Y. Mukaigawa, Y. Ishii, T. Shakunaga ``Analysis of photometric factors based on photometric linearization,'' Journal of the Optical Society of America A, vol.24, issue 10, pp.3326-3331, 2007.10.
  • 山根亮,川嶋幸治,戸高千智,尺長健 ``動作データの時系列相関行列による舞踊動作解析,'' 電子情報通信学会論文誌(D-II), vol.J-D-II, no.8, pp.1652-1661, 2005.8.
  • 松原康晴,尺長健 ``疎テンプレートマッチングとその実時間物体追跡への応用,'' 情報処理学会論文誌, vol.46, no. SIG9(CVIM11), pp.60-71, 2005.6.
  • 向川康博,石井育規,尺長健 ``画像の線形化による光学現象の解析,'' 情報処理学会論文誌, vol.45, no.SIG8(CVIM9), pp.40-52, 2004.6.
  • F. Sakaue, T. Shakunaga ``Robust Projection onto Normalized Eigenspace Using Relative Residual analysis and Optimal Partial Projection,'' IEICE Trans. Inf. & Syst., vol.E87-D, no.1, pp.34-41, 2004.1.
  • 坂上文彦,尺長健 ``正規化固有空間への最適部分射影とその応用,'' 情報処理学会論文誌, vol.44, no. SIG(CVIM8), pp.100-108, 2003.12.
  • 佐竹純二, 尺長健 ``階層的注視点制御による動画像上での複数人物追跡,'' 電子情報通信学会論文誌(D-II), vol.J84-D-II, no.8, pp.1212-1221, 2003.8.
  • 重成一真, 坂上文彦, 尺長健 ``固有顔の直交分解と仮想化による照明変動に影響されない顔画像認識,'' 電子情報通信学会論文誌(D-II), vol.J84-D-II, no.7, pp.996-1004, 2003.7.
  • 石井育規,福井孝太郎,向川康博,尺長健 ``光学現象の分類に基づく画像の線形化,'' 情報処理学会論文誌, vol.44, no. SIG5(CVIM6), pp.11-21, 2003.4.
  • 向川康博, 岡直人, 尺長健 ``形状情報と画像情報の併用による Cast Shadow のモーフィング,'' 情報処理学会論文誌, vol.43, no. SIG11(CVIM5), pp.130-138, 2002.12.
  • 山元宣政, 重成一真, 尺長健, ``仮想部分空間法による照明に影響されない顔認識,'' 電子情報通信学会論文誌(D-II), vol.J84-D-II, no.8, pp.1753-1761, 2001.8.
  • 向川康博, 西山正志,尺長健, ``スクリーン物体への光学パターン投影による仮想光学環境の実現,'' 電子情報通信学会論文誌(D-II), vol.J84-D-II, no.7, pp.1448-1455, 2001.7.
  • 加藤丈和, 向川康博, 尺長健, ``安定な顔認識のための分散協調登録,'' 電子情報通信学会論文誌(D-II), vol.J84-D-II, no.3, pp.500-508, 2001.3.
  • 向川康博,宮木一,三橋貞彦,尺長健, ``Photometric Image-Based Renderingによる仮想照明画像の生成,'' 情報処理学会論文誌, vol. 41, no. SIG10 (CVIM1), pp.19-30, 2000.12.
  • N. Yokoya, T. Shakunaga, M. Kanbara, ``Passive Range Sensing Techniques: Depth from Images,'' IEICE Trans. Inf. & Syst., vol.E82-D, no.3, pp.523-533, 1999.3.
  • 尺長健,池内克史,金出武雄, ``不変量地図による3次元物体記述と物体認識,'' 電子情報通信学会論文誌(D-II), vol.J80-DII, no.6, pp.1466-1474, 1997.6.
  • 尺長健,成瀬正, ``組合せ問題の並列処理のための組合せ全数生成,'' 電子情報通信学会論文誌(D-I), vol.J80-DI, no.1, pp.21-30, 1997.1.
  • T. Shakunaga, ``Refinements and evaluations of line-based pose enumeration from a single image,'' IEICE Trans. Inf. & Syst., vol.E79-D, no.9, pp.1266-1273, 1996.9.
  • 尺長健, ``単眼視姿勢推定における基本問題の計量的可解性判定,'' 電子情報通信学会論文誌(D-II), vol.J79-DII, no.7, pp.1204-1209, 1996.7.
  • 尺長健, ``基本要素の段階的対応付けによる単眼視物体姿勢推定,'' 電子情報通信学会論文誌(D-II), vol.J78-DII, no.11, pp.1608-1617, 1995.11.
  • 尺長健, ``既知構造の単眼視姿勢推定における基本問題,'' 情報処理学会論文誌, vol. 35, no.11, pp.2308-2319, 1994.11.
  • 尺長健, ``単眼視回転推定に関する木構造基本問題の統一的解法,'' 電子情報通信学会論文誌(D-II), vol. J76 -DII, no. 5, pp.976-986, 1993.5.
  • 尺長健, ``線分対の中心投影とその逆変換,'' 電子情報通信学会論文誌(D-II), vol. J76 -DII, no. 1, pp.20-29, 1993.1.
  • 森本正志,尺長健,赤松茂,末永康仁, ``可変フィルタによるHough変換の高精度化,'' 電子情報通信学会論文誌(D-II), vol. J75 -DII, no. 9, pp.1548-1556, 1992.9.
  • T. Shakunaga, ``3d corridor scene modeling from a single view under natural lighting condition,'' IEEE Trans. PAMI, vol. 14, no. 2, pp.293-298, 1992.2.
  • T. Shakunaga, H. Kaneko, ``Perspective angle transform: Principle for shape from angles,'' International Journal of Computer Vision, vol.3, no.3, pp.239-254, 1989.
  • 尺長健,金子博, ``角度情報による単眼視画像からの平面勾配の推 定,'' 電子情報通信学会論文誌(D),vol. J71 -D, no. 11, pp.2340-2349, 1988.11.
  • 尺長健,金子博, ``単眼視画像による三面頂点の配置推定--代数解と法線像仮 説検定法,'' 電子情報通信学会論文誌(D), vol. J71-D, no.9, pp.1669-1681, 1988.9.
  • 尺長健,金子博, ``複素相関による2次元形状解析,'' 電子情報通信学会論文誌(D), vol.J71-D, no.2, pp. 350-361, 1988.2.
  • 尺長健,金子博, ``軸形状類似度による2次元形状マッチング,'' 電子情報通信学会論文誌(D), vol.J71-D, no.2, pp. 362-370, 1988.2.
  • 尺長健,金子博, ``透視角度変換--角度情報からの形状情報復元,'' 電子情報通信学会論文誌(D), vol.J70-D, no.10, pp. 1930-1940, 1987.10.
  • 尺長健,金子博,淀川英司, ``2次統計量の線分スペクトル分解による手書き文字の筆者認識,'' 電子情報通信学会論文誌(D), vol.J67-D, no.7, pp. 776-783, 1984.7.
  • 尺長健,金子博,淀川英司, ``2次統計量の線分スペクトル分解--テクスチャ性からの手書き文字個人性情報の抽出,'' 電子情報通信学会論文誌(D), vol.J67-D, no.4, pp. 488-495, 1984.4.
  • 論文の翻訳版(-2008)

  • J. Satake, T. Shakunaga, ``Multiple Human Tracking on Image Sequence under Hierarchical Attention Control,'' Systems and Computers in Japan, vol.37, no.13, pp.78-88, Oct.2006.
  • K. Shigenari, F. Sakaue, T. Shakunaga, ``Decomposition and Virtualization of Eigenface for Face Recognition under Various Lighting Condition,'' Systems and Computers in Japan, vol.36, no.1, pp.25-34, Jan.2005.
  • T. Kato, Y. Mukaigawa, T. Shakunaga, "Cooperative Distributed Registration for Robust Face Recognition", Systems and Computers in Japan, vol.33, no.14, pp.91-100, 2002.
  • T. Shakunaga, ``Systematic Solution for Primitive Rotation Recovery Problems of Known 3-d Structures from a Single View,'' Systems and computers in Japan, vol.25, no.7, pp.59-71, 1994.7.
  • T. Shakunaga, ``Inverse Perspective Projection of a Line Segment Pair,'' Systems and computers in Japan, vol.25, no.4, pp.22-32, 1994.4.
  • M. Morimoto, T. Shakunaga, S. Akamatsu, Y. Suenaga, ``Variable Hough Transform for High-Resolution Line Detection,'' Systems and computers in Japan, vol.24, no.12, pp.88-98, 1993.12.
  • T. Shakunaga, H. Kaneko, ``Configuration estimate of trihedral vertex from a single view,'' Systems and computers in Japan, vol.20, no.9, pp.52-68, 1989.9.
  • T. Shakunaga, H. Kaneko, ``Perspective angle transform -- Shape from angle,'' Systems and computers in Japan, vol.19, no.9, pp.65-76, 1988.9.
  • T. Shakunaga, H. Kaneko, E. Yodogawa, ``Automatic writer recognition by line-based spectral resolution of the second-order statistics,'' Systems, computers, controls, Scripta electric japonica III, vol.15, no.6, pp.44-55, 1985.6.
  • 解説・機関論文(-2008)

  • 森本正志,尺長健,赤松茂,末永康仁, ``高精度直線抽出のための可変ハフ変換,'' NTT R&D, Vol.42, No.4, pp.487-496, 1993.4.
  • 尺長健, ``単眼視画像からの3次元情報復元--中心投影の逆問 題とその解法,'' 情報処理, vol.32, no.2, pp.180-188, 1991.2.
  • 尺長健,金子博,淀川英司, ``スペクトル分解による手書き文字個人性の分析と筆者認識,'' NTT研究実用化報告, Vol.34, No.1, pp.35-46, 1985.1.
  • 国際会議発表(-2017)

  • Tsuyoshi Migita, Kohei Hase, Takeshi Shakunaga, ``Real-Time Human Body Tracking with Estimation of Physical Size,'' Proc. 22nd Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision(FCV2016), pp.5-10, 2016.2.
  • Hisayoshi Chugan, Tsuyoshi Fukuda, Takeshi Shakunaga, ``Challenge to Scalability of Face Recognition using Universal Eigenface,'' Image and Video Technology: 7th Pacific Rim Symposium (PSIVT 2015), Springer, LNCS9431, pp.51-62, 2016.2.
  • Hisayoshi Chugan, Yuki Oka, Takeshi Shakunaga, ``Parallel Underdetermined Approach to Weight Equations in Tracking and Recognition Framework,'' in Proc. International Conference on Machine Vision \& Applications (MVA2013), pp.242-246, 2013.5.
  • Hisayoshi Chugan, Takeshi Shakunaga, ``Hierarchical Approach to Weight Equations in Tracking and Recognition Framework,'' in Proc. The 10th IEEE Conference on Automatic Face and Gesture Recognition (FG2013), 2013.4.
  • H. Seto, T. Taguchi, T. Shakunaga, ``Directional Eigentemplate Learning for Sparse Template Tracker,'' Proc. Fifth Pacific Rim Symposium on Image and Video Technology (PSIVT 2011), Springer, LNCS 7088, pp.178-189, 2011.11.
  • T. Migita, K. Sogawa, T. Shakunaga, ``Specular-free Residual Minimization for Photometric Stereo with Unknown Light Sources,'' Proc. Fifth Pacific Rim Symposium on Image and Video Technology (PSIVT 2011), Springer, LNCS 7087, pp.104-115, 2011.11.
  • Yuki Oka, Takeshi Shakunaga, ``Sparse Eigentracker Augmented by Associative Mapping to 3D Shape,'' Proc. The 9th IEEE Conference on Automatic Face and Gesture Recognition (FG2011), pp.649-656, 2011.3.
  • R. Yamane, T. Shakunaga, ``Dance Motion Analysis by Correlation Matrix Between Pose Sequences,'' in Proc. International Conference on Image and Vision Computing, New Zealand (IVCNZ2010), 2010.11.
  • T. Shakunaga, F. Sakaue, ``Homogeneous Eigenspace for Photometric Analyses and Recognition,'' Proc. International Conference on Image and Graphics (ICIG2009), pp.398-405, 2009.11.
  • Y. Oka, T. Kuroda, T. Migita, T. Shakunaga, ``Tracking 3d Pose of Rigid Object by 3d Sparse Template,'' Proc. International Conference on Image and Graphics (ICIG2009), pp.390-397, 2009.11.
  • K. Sakabe, T. Taguchi, T. Shakunaga, ``Automatic Eigentemplate Learning for Sparse Template Tracker,'' Proc. Third Pacific-Rim Symposium on Image and Video Technology (PSIVT 2009), LNCS 5414, pp.714-725, 2009.1.
  • T. Migita, S. Ogino, T. Shakunaga, ``Direct Bundle Estimation for Recovery of Shape, Reflectance Property and Light Position,'' in Proc. ECCV2008, Springer, LNCS 5304, pp.412-425, 2008.10.
  • T. Migita, T. Shakunaga, ``Evaluation of Epipole Estimation Methods with/without Rank-2 Constraint across Algebraic/Geometric Error Functions,'' in Proc. CVPR2007, 2007.6.
  • T. Migita, T. Shakunaga, ``One-Dimensional Search for Reliable Epipole Estimation,'' Proc.2006 IEEE Pacific-Rim Symposium on Image and Video Technology (PSIVT'06), pp.1215-1224, 2006.12.
  • F. Sakaue, M. Kobayashi, T. Migita, T. Shakunaga, J. Satake, ``A Real-life Test of Face Recognition System for Dialogue Interface Robot in Ubiquitous Environments,'' Proc. International Conference on Pattern Recognition (ICPR2006), pp.1155-1160, 2006.8.
  • T. Shakunaga, K. Noguchi, ``Robust Tracking of Appearance by Sparse Template Adaptation,'' Proc. The Eighth IASTED International Conference on Signal and Image Processing (SIP2006), pp.85-90, 2006.8.
  • F. Sakaue, T. Shakunaga, ``Gaussian Decomposition for Robust Face Recognition,'' Proc. Asian Conference on Computer Vision (ACCV2006), pp.110-119, 2006.1.
  • Y. Mukaigawa, Y. Ishii, T. Shakunaga, ``Classification of Photometric Factors Based on Photometric Linearization,'' Proc. Asian Conference on Computer Vision (ACCV2006), pp.613-622, 2006.1.
  • Y. Kamon, R. Yamane, Y. Mukaigawa, T. Shakunaga, ``Coordination of Appearance and Motion Data for Virtual View Generation of Traditional Dances,'' Proc. Fifth International Conference on 3-D Digital Imaging and Modeling (3DIM2005), pp.118-125, 2005.6.13.
  • T. Shakunaga, Y. Matsubara, K. Noguchi, ``Appearance Tracker Based on Sparse Eigentemplate'', Proc. International Conference on Machine Vision & Applications (MVA2005), pp.13-17, 2005.5.
  • Y. Mukaigawa, M. Nishiyama, T. Shakunaga, ``Virtual Photometric Environment using Projector'', Proc. Tenth International Conference on Virtual System and Multimedia (VSMM2004), pp.64-72, 2004.11.17.
  • J. Satake, T. Shakunaga, ``Multiple Target Tracking by Appearance-based Condensation Tracker Using Structure Information,'' Proc. ICPR2004, vol.3, pp.294-297, 2004.8.25.
  • T. Shakunaga, F. Sakaue, K. Shigenari, ``Robust Face Recognition by Combining Projection-Based Image Correction and Decomposed Eigenface,'' Proc. FG2004, pp.241-247, 2004.5.
  • F. Sakaue, T. Shakunaga, ``Face Recognition by Parallel Partial Projections,'' Proc. ACCV2004, vol.1, pp.144-150, 2004.1.
  • Y. Mukaigawa, D. Genda, R. Yamane and T. Shakunaga, ``Color Blending based on Viewpoint and Surface Normal for Generating Images from Any Viewpont using Multiple Cameras'', Proc. IEEE MFI2003, pp.95-100, 2003.7.
  • Y. Mukaigawa, M. Nishiyama and T. Shakunaga, ``Realization of Virtual Photometric Environment by Photometric Pattern Projection'', Proc. IEEE CIRA2003, pp.435-440, 2003.7.
  • T. Shakunaga, F. Sakaue, ``Natural Image Correction by Iterative Projections to Eigenspace Constructed in Normalized Image Space'', Proc. ICPR2002, vol.1, pp.648-651, 2002.8.
  • T. Shakunaga, K. Shigenari, ``Decomposed Eigenface for Face Recognition under Various Lighting Conditions,'' Proc. CVPR2001, vol. 1, pp.864-871, 2001.12.
  • Y. Mukaigawa, H. Miyaki, S. Mihashi, T. Shakunaga, ``Photometric Image-Based Rendering for Image Generation in Arbitrary Illumination,'' Proc. ICCV2001, vol.2, pp.652-659, 2001.7.
  • T. Kato, Y. Mukaigawa, T. Shakunaga, ``Cooperative Distributed Registration for Face Recognition in Natural Environments'', Proc. ACCV2000, pp.729-737, 2000.1.
  • T. Shakunaga, K. Ogawa, S. Oki, ``Integration of Eigentemplate and Structure Matching for Automatic Facial Feature Detection,'' Proc. Int'l conf. on Automatic Face and Gesture Recognition (FG'98), pp.94-99, 1998.
  • K. Ikeuchi, T. Shakunaga, M. Wheeler, T. Yamazaki, ``Invariant Histograms and Deformable Template Matching for SAR Target Recognition,'' Proc. CVPR'96, pp.100-105, June 1996.
  • M. Mizukawa, E. Mitsuya, S. Ohara, S. Iwaki, S. Matsuo, T. Shakunaga, T. Okada, ``Robotic Task and System Design for Task Directed Robotics: Case Study: Deburring Task,'' Proc. IROS'94, vol.3, pp.949-956, 1994.
  • T. Shakunaga, ``Robust line-based pose enumeration from a single image,'' Proc. ICCV'93, pp.545-550, 1993.
  • T. Shakunaga, ``Formalization and analyses of pose estimation from a single view,'' Proc. IROS'93, pp.1897-1904, 1993.
  • T. Shakunaga, ``An object pose estimation system using a single camera,'' Proc. IROS'92, pp.1053-1060, 1992.
  • T. Shakunaga, ``Pose estimation of jointed structures,'' Proc. CVPR'91, pp.566-572, 1991.
  • T. Shakunaga,``3D scene modeling based on a generic model,'' Proc. 5ICIAP, pp.493-500, 1989.
  • T. Shakunaga, H. Kaneko,``Shape from angles under perspective projection,'' Proc. ICCV'88, pp.671-678, 1988.
  • T. Shakunaga, H. Kaneko, ``Perspective angle transform and its application to 3-D configuration recovery,'' Proc. CVPR'86, pp. 594-601, 1986.
  • 国際ワークショップ発表(-2005)

  • T. Migita, S. Sekiguchi, T. Shakunaga, ``Estimation of Bidirectional Texture Functions from Bizen-ware Images'', Proc. 11th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision(FCV2005), pp.171-176, 2005.1.
  • Y. Kamon, R. Yamane, T. Shakunaga, ``Dancer-centered view generation of archived traditional dance'', Proc. 11th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision(FCV2005), pp.19-24, 2005.1.
  • F. Sakaue, T. Shakunaga, ''Natural Image Correction by Iterative Linear Projection onto Eigenspaces,'' Proc. MVA 2002, pp.36-39, 2002.12.
  • J. Satake, T. Shakunaga, ''Simultaneous Estimation of Head Pose and Shape by Hierarchical Control System,'' Proc. MVA 2002, pp.72-75, 2002.12.
  • K. Shigenari, F. Sakaue, T. Shakunaga, ''Decomposed Eigenface Method along with Image Correction for Robust Face Recognition,'' Proc. MVA 2002, pp.322-325, 2002.12.
  • T. Shakunaga, N. Yamamoto, ``Virtual Subspace Method for Robust Face Recognition Independent of Lighting Conditions'', Proc. MVA 2000, pp.205-210, 2000.11.
  • T. Kato, Y. Mukaigawa, T. Shakunaga, ``Cooperative Distributed Tracking for Effective Face Registration'', Proc. MVA 2000, pp.353-358, 2000.11.
  • J. Satake, T. Shakunaga, ``Human Tracking Based on Hierarchical Attention Control'', Proc. MVA 2000, pp.517-520, 2000.11.
  • Y. Mukaigawa, S. Mihashi, T. Shakunaga, ``Photometric Image-Based Rendering for Virtual Lighting Image Synthesis'', Proc. Second International Workshop on Augmented Reality (IWAR'99), pp.115-124, 1999.10.
  • T. Shakunaga, T. Ohno, ``Successive Pose Clustering for Stereoscopic Object Recognition,'' Proc. MVA'98, pp.371-375, 1998.
  • K. Ikeuchi, M. Wheeler, T. Yamazaki, T. Shakunaga, ``Model-based SAR ATR System,'' Proc. IUW'96, pp.1263-1276, Feb. 1996.
  • M. Mizukawa, S. Ohara, E. Mitsuya, S. Iwaki, S. Matsuo, T. Shakunaga, T. Okada, ``Robotic Deburring Task Design based on the Nature of Burr,'' Proc. RoManSy 10, pp.349-356, 1994.
  • その他のワークショップ・レポート等(-2005)

  • T. Shakunaga, Y. Mukaigawa, D. Genda, M. Nishiyama, H. Arimitsu, ``Digital Archives and Virtual Exhibitions of Tangible and Intangible Cultural Heritages,'' Proc. Crest Symposium, pp.17-35, 2003.5.
  • T. Kato, Y. Mukaigawa, T. Shakunaga, ``Cooperative Distributed Face Registration and Recognition in Natural Environment,'' Proc. CDV-WS2001, pp.205-250, 2001.3.
  • T. Kato, Y. Mukaigawa, T. Shakunaga, ``Real Environment Testbed for Cooperative Distributed Face Registration,'' Proc. CDV-WS99, pp.83-110, 1999.11.
  • T. Shakunaga, Y. Mukaigawa, T. Kato, S. Oki, ``Person Detection, Tracking, Registration and Recognition by Cooperative Distributed Vision,'' Proc. CDV-WS98, pp.169-186, 1998.11.
  • K. Ikeuchi, T. Shakunaga, M. Wheeler, T. Yamazaki, ``SAR Target Recognition Based on Invariant Histograms and Deformable Template Matching,'' CMU CS Tech report, CS-CMU-95-198, March 1996.
  • 研究会資料(1996-)

  • 山腰陽佑,尺長健 ``照明変動に対応した高速大規模顔認識系の単一画像登録による構成,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU2017-198, 2018.03.
  • 北村拓也,右田剛史,尺長健 ``幾何学的距離に基づく楕円体フィッティングによる実時間人物姿勢追跡,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU2017-149, 2018.02.
  • 斎藤竜一,右田剛史,尺長健 ``動画像中の顔追跡による3次元顔モデルの自動生成,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU2017-136, 2018.01.
  • 向山太基,右田剛史,尺長健 ``形状のブロック分類と基底を用いた表現によるインバースレンダリングの検討,'' 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2017), PS2-10, 2017.08.
  • 尺長健,渡邊剛平 ``不足決定系加重方程式に基づく多クラス識別の統計モデルによる解釈,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU2016-144 (MVE2016-35), 2017.1.
  • 福山大貴,右田剛史,尺長健 ``連結球モデルを用いた距離画像からの実時間人物姿勢追跡,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU2016-58 (IBISML2016-13), 2016.9.
  • 桐山智也,尺長健 ``適応型テンプレート追跡を利用した実時間顔姿勢追跡の頑健化,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU2016-45 (SP2016-11, WIT2016-11), 2016.6.
  • 渡邊剛平,尺長健 ``並列不足決定系加重方程式の動的構成による多クラス識別,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU2016-52 (SP2016-18, WIT2016-18), 2016.6.
  • 筒井健斗,右田剛史,尺長健 ``形状推定を含むLevenberg-Marquardt法によるリアルタイム顔追跡の検討,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU2015-193 (BioX2015-70), 2016.3.
  • 福田剛士,中岸久佳,尺長健 ``並列不足決定系加重方程式による多クラス識別の改良,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU2015-118 (MVE2015-40), 2016.1.
  • 中岸久佳,福田剛士,尺長健 ``拡張固有顔と加重方程式を用いた少数枚画像からの顔モデル作成,'' 電子情報通信学会バイオメトリクスと認識・認証シンポジウム, (招待発表) S-3-1, 2015.11.
  • 尺長健,中岸久佳,福田剛士 ``拡張固有顔を用いた顔認識と顔モデル生成の統一的実現,'' 電子情報通信学会技術報告, BioX2015-40 (MBE2015-51, NC2015-35), 2015.10.
  • 中岸久佳,福田剛士,尺長健 ``拡張固有顔を活用した少数枚画像からの顔モデル生成法,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU2015-87 (IBISML2015-47), 2015.9.
  • 中岸久佳,福田剛士,尺長健 ``顔追跡・認識融合系における顔登録法の簡単化の検討,'' 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2015), SS1-18, 2015.7.
  • 長谷康平,溝部諒,右田剛史,尺長健 ``RGBD画像を用いた人物姿勢追跡の高速化と人体モデルパラメータ推定への適用,'' 情報処理学会研究報告, CVIM-197-2, 2015.5.
  • 福永嵐馬,中岸久佳,尺長健 ``姿勢変動を考慮した固有顔による顔追跡・認識融合系の性能向上,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU2014-191 (BioX2014-71), 2015.3.
  • 筒井健斗,溝部諒,右田剛史,尺長健 ``パーティクルフィルタとLevenberg-Marquardt法による顔・人物姿勢追跡の検討,'' 情報処理学会研究報告, CVIM-195-40, 2015.1.
  • 井上航,中岸久佳,尺長健 ``並列不足決定系加重方程式による多クラス識別,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU2014-105 (MVE2014-67), 2015.1.
  • 尺長健,福田剛士,中岸久佳 ``2階層加重方程式の多段構成による多クラス識別,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU2014-38 (IBISML2014-19), 2014.9.
  • 福田剛士,中岸久佳,尺長健 ``2階層加重方程式の2段構成による顔認識の検討,'' 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2014), SS2-16, 2014.7.
  • 筒井健斗,中岸久佳,右田剛史,尺長健 ``Levenberg-Marquardt法による3次元顔追跡・認識融合系の精度改善の検討,'' 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2014), SS2-46, 2014.7.
  • 井上航,中岸久佳,尺長健 ``超低次元の不足決定系加重方程式による顔認識の検討,'' 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2014), SS3-4, 2014.7.
  • 長谷康平,加藤秀章,尺長健 ``距離・画像センサを用いた人物姿勢追跡における肌色領域の利用,'' 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2014), SS3-60, 2014.7.
  • 中岸久佳,右田剛史,尺長健 ``拡張固有顔を用いた実時間顔追跡・認識システム,'' 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2014), DS1-7, 2014.7.
  • 加藤秀章,小林宏章,山根亮,尺長健 ``カスケード姿勢推定に基づく距離・画像センサを用いたジェスチャ認識,'' 情報処理学会研究報告, 2013-CVIM-190, no.14, 2014.1.
  • 片山聡一朗,中岸久佳,右田剛史,尺長健 ``距離・画像センサによる顔追跡・認識融合系の性能改善,'' 第3回バイオメトリクスと認識・認証シンポジウム, A10-3, 2013.11.
  • 尺長健 ``[招待講演]3次元疎固有テンプレート追跡に基づく実時間顔認識技術,'' 電子情報通信学会技術報告, BioX2013-9, 2013.8.
  • 瀬戸寛之,福永嵐馬,尺長健 ``顔画像の適応型疎テンプレート追跡に基づく母音認識用固有空間の作成,'' 情報処理学会研究報告, 2013-CVIM-187, no.42, 2013.5.
  • 槌谷洋介,右田剛史,尺長健 ``形状・反射特性・光源の同時推定法の改良と様々な実画像への適用,'' 情報処理学会研究報告, 2013-CVIM-186, no.11, 2013.3.
  • 小林宏章,加藤秀章,尺長健 ``距離・画像センサと複素相関を用いた回転不変なジェスチャ認識,'' 情報処理学会研究報告, 2013-CVIM-186, no.17, 2013.3.
  • 片山聡一朗,中岸久佳,右田剛史,尺長健 ``距離・画像センサを利用した3次元顔追跡・認識融合,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU2012-105, 2013.1.
  • 尺長健,中岸久佳,岡裕希 ``照明適応を含むパターン認識系の構成と顔追跡・認識への応用,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU2012-39, 2012.09.
  • 中岸久佳,尺長健 ``表情変化に対応できる顔追跡・認識融合系,'' 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2012)論文集, IS2-31, 2012.08.
  • 四宮洋平,加藤秀章,尺長健 ``Kinectを用いた3次元疎テンプレート追跡による人物姿勢追跡,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU2011-264, 2012.3.
  • 右田剛史,槌谷洋介,尺長健 ``物体形状・反射特性・光源の同時推定の実装法と評価,'' 情報処理学会研究報告, 2012-CVIM-181, no. 19, 2012.3.
  • 尺長健,中岸久佳 ``不足決定系による多クラス識別を用いた顔追跡・認識融合,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU2011-166, 2012.1.
  • 中岸久佳,岡裕希,尺長健 ``3次元疎固有テンプレートによる顔追跡・認識融合系の大規模化,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU2011-167, 2012.1.
  • 渡邊隼,右田剛史,尺長健 ``スプライン補間を用いた動画像からのステレオ形状復元,'' 情報処理学会研究報告, vol. 2012-CVIM-180, no. 50, 2012.1.
  • 澤田裕介,尺長健 ``仮説検証に基づく自然環境下での複数歩行者追跡,'' 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2011)論文集, pp.718-725, 2011.7.
  • 祖川和弘,右田剛史,尺長健 ``光源色の補空間を用いた物体形状・反射特性・光源の同時推定,'' 情報処理学会研究報告, CVIM-176-23, 2011.3.
  • 高田潤,右田剛史,尺長健 ``スプライン曲面を用いたステレオ形状復元法の改良,'' 情報処理学会研究報告, CVIM-176-2, 20011.3.
  • 尺長健,岡裕希 ``正規化固有顔を用いた顔形状推定・照明変換・識別処理の一体化,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU2010-190, 2011.1.
  • 岡裕希,尺長健 ``3次元疎固有テンプレート追跡による実時間顔認識,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU2010-191, 2011.1.
  • 永井雄大,右田剛史,尺長健 ``スプライン曲面を用いた顔のステレオ形状復元手法,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU2009-264, 2010.3.
  • 澤見幸枝,右田剛史,尺長健 ``形状・反射特性・光源位置の同時推定に基づく顔形状の復元,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU2009-265, 2010.3.
  • 久常晃裕,武村和宙,尺長健 ``疎固有テンプレート追跡による顔追跡・認識融合系の改良と性能分析,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU2009-188, 2010.1.
  • 武村和宙,久常晃裕,尺長健 ``疎固有テンプレート追跡による顔追跡と顔認識の融合,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU2008-213, 2009.2.
  • 田口智行,坂部圭治,尺長健 ``適応型疎テンプレート追跡に基づく見え変動の学習,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU2008-173, 2008.12.
  • 黒田利行,大森誠,児玉健二,右田剛史,尺長健 ``方向積分特徴の対応付けによる疎テンプレート追跡の高速化,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU2008-174, 2008.12.
  • 岡裕希,黒田利行,右田剛史,尺長健 ``3次元疎テンプレート追跡の粗密探索による安定化,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU2008-175, 2008.12.
  • 荻野真佑,右田剛史,尺長健 ``Torrance-Sparrowモデルに基づく反射特性・形状・光源位置の同時推定の検討,'' 情報処理学会研究報告, CVIM-162-87, 2008.3.
  • 岡田直城,武村和宙,尺長健 ``疎固有テンプレート追跡による実時間顔認識の検討,'' 情報処理学会研究報告, CVIM-160-25, 2007.9.
  • 山根 亮,尺長 健 ``固有空間を用いた舞踊動作の定量的評価に関する検討,'' 情報処理学会研究報告, CVIM-158-19, 2007.3.
  • 右田剛史,尺長健 ``ランク2制約を考慮した基礎行列・エピポール推定の精度評価,'' 情報処理学会研究報告, CVIM-156-19, 2006.11.
  • 野口清志,尺長健 ``疎テンプレートコンデンセーション法による見え情報の学習を伴う実時間物体追跡,'' 情報処理学会研究報告, CVIM-153-46, 2006.3.
  • 右田剛史,尺長健 ``未校正画像対中の点対応に基づくエピポールの1次元探索法,'' 情報処理学会研究報告, CVIM-153-64, 2006.3.
  • 坂上文彦,右田剛史,尺長健,佐竹純二,近間正樹,上田博唯 ``ユビキタス環境における対話型ロボットのための顔識別システム,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU2005-88, 2005.10.
  • 坂上文彦,尺長健 ``ガウシアンフィルタによる画像分解を用いた照明変動にロバストな顔画像認識,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU2005-91, 2005.10.
  • 佐竹純二,近間正樹,坂上文彦,尺長健,上田博唯 ``ユビキタス環境における顔認識・音声認識を組み合わせたロボット対話インタフェースの試作,'' 情報処理学会研究報告, CVIM-150-1, 2005.9.
  • 阿部圭佑,野口清志,尺長健 ``選択的半追跡を組み込んだ疎テンプレートコンデンセーション法,'' 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2005)論文集, pp.403-410, 2005.7.
  • 坂上文彦,尺長健 ``並列部分射影に基づく照明変動にロバストな高速背景差分法,'' 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2005)論文集, pp.1216-1223, 2005.7.
  • 加門 優治,山根 亮,尺長 健 ``スペースカービング法へのシルエット制約の導入,'' 情報処理学会研究報告, CVIM-148-27, 2005.3.
  • 江角 直起,右田 剛史,尺長 健 ``フーリエ級数モデルによる双方向テクスチャ関数学習と仮想光学環境への応用,'' 情報処理学会研究報告, CVIM-148-26, 2005.3.
  • 関口 真,右田 剛史,尺長 健 ``基底反射特性モデルの線形結合による双方向テクスチャ関数と物体形状の同時復元の検討,'' 情報処理学会研究報告, CVIM-148-25, 2005.3.
  • 松原康晴,野口清志,尺長健 ``疎固有テンプレートマッチングに基づくコンデンセーション法,'' 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2004)論文集, vol.1, pp.261-266, 2004.7.
  • 坂上文彦,尺長健 ``並列部分射影と固有顔の直交分解を組み合わせた顔画像認識,'' 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2004)論文集, vol.1, pp.709-714, 2004.7.
  • 松原康晴,尺長健 ``疎テンプレートマッチングに基づく実時間物体追跡,'' 情報処理学会研究報告, CVIM-143-7, 2004.3.
  • 尺長健,坂上文彦,松原康晴 ``固有空間による顔のモデル化と認識,'' 情報処理学会研究報告, CVIM-139-11, 2003.7.
  • 源田大輔,向川康博,尺長健 ``視点と法線を組み合わせた任意視点映像の生成法,'' 情報処理学会研究報告, CVIM-137-7, 2003.3.
  • 川嶋幸治, 尺長健 ``相関による類似動作抽出に基づく舞踊動作の解析,'' 情報処理学会研究報告, CVIM-137-10, 2003.3.
  • 石井育規,向川康博,尺長健 ``相互反射を含むシーンにおける画像の線形化と光学現象の解析,'' 情報処理学会研究報告, CVIM-137-14, 2003.3.
  • 坂上文彦,尺長健 ``正規化固有空間への部分射影問題とその解法,'' 情報処理学会研究報告, CVIM-136-21, 2003.1.
  • 坂上文彦,尺長健 ``正規化固有空間への部分射影の幾つかの応用について,'' 情報処理学会研究報告, CVIM-136-22, 2003.1.
  • 坂上文彦,尺長健 ``Decomposed Eigenface法を用いた照明変動にロバストな顔画像認識系,'' 計測自動制御学会 第2回システムインテグレーション部門学術講演会(SI2002), 2002.12.
  • 有光博志,向川康博,尺長健 ``陶器の反射特性学習と仮想光学環境への応用,'' 計測自動制御学会 第2回システムインテグレーション部門学術講演会(SI2002), 2002.12.
  • 坂上文彦,尺長健 ``相対残差分析による固有空間への線形投影の最適化,'' 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2002)論文集, vol.1, pp.81-88, 2002.7.
  • 重成一真,坂上文彦,尺長健 ``固有空間への顔画像投影に基づくノイズ除去を用いたDecomposed Eigenface法の改良,'' 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2002)論文集, vol.1, pp.425-432, 2002.7.
  • 佐竹純二,尺長健 ``拡張カルマンフィルタを用いた人物顔の姿勢と形状の同時推定,'' 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2002)論文集, vol.1, pp.439-446, 2002.7.
  • 石井育規,福井孝太郎,向川康博,尺長健 ``光学現象の分類基準を利用した画像の線形化,'' 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2002)論文集, vol.2, pp.167-176, 2002.7.
  • 井原利昇, 串 匡, 尺長健 ``将棋における目標に基づく指し手の決定法について,'' 情報処理学会研究報告, GI-7-7, 2002.3.15.
  • 西山正志, 向川康博, 尺長健 ``仮想光学環境のための局所反射特性分布の学習と再現,'' 情報処理学会研究報告, CVIM-132-9, 2002.3.8.
  • 藤田武史, 向川康博, 尺長健 ``多視点カメラシステムによる舞踊動作の獲得と解析,'' 情報処理学会研究報告, CVIM-132-14, 2002.3.8.
  • 加藤丈和,蔵田武志,坂上勝彦,向川康博,尺長健 ``実環境下における自律的な顔画像登録とその応用,'' 情報処理学会研究報告, CVIM-131-7, 2002.1.17.
  • 石井育規, 向川康博, 尺長健 ``鏡平面への映り込みを考慮したPhotometric Image-Based Rendering,'' 画像電子学会第190回研究会予稿集, 2001.11.22.
  • 重成一真, 尺長健 ``固有顔の直交分解による照明変動に影響されない顔画像認識,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU2001-120, 2001.11.15.
  • 山根 亮, 佐竹 純二, 尺長 健 ``階層的注視点制御モデルに基づくステレオ動画像からの人物姿勢推定,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU2000-231, 2001.3.16.
  • 中川 邦宏, 尺長 健 ``基準姿勢仮想部分空間法による任意姿勢・任意照明の顔画像認識,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU2000-214, 2001.3.15.
  • 岡直人, 向川康博, 尺長健 ``奥行き情報と画像情報を併用するCast Shadow生成,'' 情報処理学会研究報告, CVIM-126-7, 2001.3.8.
  • 亀山直也,加藤丈和,向川康博,尺長健 ``カメラの役割変更による安定な人物追跡と効果的な顔画像登録,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU2000-140, 2000.12.15.
  • 重成一真,尺長健 ``仮想部分空間法による顔画像認識の高速化と安定化,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU2000-79, 2000.9.22.
  • 蜂谷武志, 尺長健 ``焦点距離変動を伴う時系列画像を対象とした透視投影因子分解法,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU2000-68, 2000.9.21.
  • 佐竹純二,尺長健 ``階層的注視点制御モデルに基づく動画像上での人物追跡,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU2000-62, 2000.9.21.
  • 西山正志,向川康博,尺長健 ``プロジェクタを用いた仮想照明環境のための相互反射の解析と生成,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU2000-61, 2000.9.21.
  • 加藤丈和, 向川康博, 尺長健 ``分散協調視覚による顔画像の効果的な登録,” 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2000)論文集, vol. I, pp. 445-450, 2000.7.
  • 西山正志, 向川康博, 尺長健 ``3次元形状への光学パターン投影による仮想照明環境の実現,” 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2000)論文集, vol. I, pp. 451-456, 2000.7.
  • 山根 亮,竹内 和也,尺長 健, ``スティックモデルを用いたステレオ動画像からの実時間人物動作復元,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU99-273, 2000.3.
  • 宮木 一,向川 康博,尺長 健, ``Photometric Image-Based Renderingにおける拡散反射と鏡面反射の生成,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU99-272, 2000.3.
  • 山元宣政, 重成一真, 尺長健, ``仮想部分空間法による照明にロバストな顔画像認識,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU99-208, 2000.1.
  • 山元宣政, 尺長健, ``Nearest-Neighbor識別と照明補償による少数登録画像からの顔認識,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU99-207, 2000.1.
  • 加藤尚徳, 尺長健, ``スティックモデルを用いたステレオ動画像からの人物姿勢の連続的推定,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU98-265, 1999.3.
  • 加藤丈和, 沖昌並, 向川康博, 尺長健, ``分散協調による顔認識のための能動的登録,'' 情報処理学会研究報告, CVIM-114-15, 1999.1.
  • 三橋貞彦, 宮木一, 向川康博, 尺長健, ``任意光源画像生成のための Photometric Image-Based Rendering,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU98-124,1998.11.
  • 濱口隆子, 向川康博, 尺長健, ``逐次更新型 Image-Based Rendering のための参照画像の効率的選択,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU98-125,1998.11.
  • 大野 徹, 尺長健, ``逐次姿勢クラスタリングによるステレオ物体認識,'' 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU98)論文集, vol. II, pp. 361-366, 1998.7.
  • 三橋貞彦, 尺長健, ``幾何拘束帯伝播法による線分検出誤差を許容した単眼視姿勢推定,'' 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU98)論文集, vol. II, pp. 65-70, 1998.7.
  • 浮田宗伯, 尺長健, ``透視投影因子分解法による広範囲画像系列からの3次元物体モデル生成,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU97-273,1998.3.
  • 小川敬介, 沖昌並, 尺長健, ``部分照合と構造照合による向き不定顔の単眼視構造解析,'' 電子情報通信学会技術報告, PRMU97-160, 1997.11.